NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】サンズ対クリッパーズのプレーオフ1回戦を振り返り|2022-23シーズン【NBA】

4月26日、フェニックスのフットプリント・センターで行われたウェスタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド第5戦、フェニックス・サンズ対ロサンゼルス・クリッパーズの一戦は136-130でサンズが勝利し、シリーズ4勝1敗でサンズがセミファイナル進出を決めた。

サンズ対クリッパーズの試合結果|2022-23シーズン

・第1戦:サンズ 110-115 クリッパーズ
・第2戦:サンズ 123-109 クリッパーズ
・第3戦:クリッパーズ 124-129 サンズ
・第4戦:クリッパーズ 100-112 サンズ
・第5戦:サンズ 136-130 クリッパーズ

試合のキーポイント

クリッパーズの主力不在

ポストシーズンは短期決戦のため、主力選手がフル稼働する。チームの中心選手が活躍すれば、シリーズを制する可能性は非常に高い。逆に主力選手が不在となると非常に厳しい戦いが強いられる。それが一人のみならず二人となればなおさらだ。

クリッパーズはシリーズ開幕前からポール・ジョージの欠場が決まっていたが、3試合目からはもう一人のエースであるカワイ・レナードも欠場。ラッセル・ウェストブルックは奮起したが、この戦力差を覆すのは非常に難しいだろう。5戦中3戦で接戦に持ち込み、1試合だけでも勝ち取ったのは十分すぎるくらいか。

キープレイヤー

デビン・ブッカー(サンズ)

ケビン・デュラントを差し置いて、平均得点は30得点オーバー。フィールドゴール成功率は60%近くとアンストッパブルな存在だった。今シーズンはマイアミ・ヒートのジミー・バトラーのように、圧倒的な活躍を見せた選手がいるチームが勝ち抜いている。ブッカーもそのような選手となっている。

カワイ・レナード(クリッパーズ)

ジョージがいなくてもレナードさえいれば、、、そのような期待感もあり、シリーズ開幕戦で先勝。平均得点は34.5、フィールドゴール成功率は54.5%という相変わらず圧倒的な力を見せつけた。それだけに3戦目からの不在は痛すぎる。もしレナードだけでも出場できていれば、シリーズ突破の可能性はあったかもしれない。

デビン・ブッカーのハイライトプレー
https://youtu.be/H5bpNb_zuFA

プレーオフニュースをみる

2022-23シーズンニュースをみる

関連記事
NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】ナゲッツ対レイカーズのプレーオフ・カンファレンスファイナル振り返り|2022-23シーズン【NBA】

2023年6月5日
ねぎまるのNBAニュース
5月23日、ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナでNBAプレーオフ2023ウェスタン・カンファレンス・ファイナル、デンバー・ナゲッツ …
NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】セルティックス対ホークスのプレーオフ1回戦を振り返り|2022-23シーズン【NBA】

2023年5月5日
ねぎまるのNBAニュース
4月28日、アトランタのステイト・ファーム・アリーナで行われたイースタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド第6戦、アトランタ …