NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】グリズリーズ対レイカーズのプレーオフ1回戦を振り返り|2022-23シーズン【NBA】

4月28日、ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで行われたウェスタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド第6戦、ロサンゼルス・レイカーズ対メンフィス・グリズリーズの一戦は125-85でレイカーズが快勝し、シリーズ4勝2敗でレイカーズがセミファイナル進出を決めた。

グリズリーズ対レイカーズの試合結果|2022-23シーズン

・第1戦:グリズリーズ 112-128 レイカーズ
・第2戦:グリズリーズ 103-93 レイカーズ
・第3戦:レイカーズ 111-101 グリズリーズ
・第4戦:レイカーズ 117-111 グリズリーズ
・第5戦:グリズリーズ 116-99 レイカーズ
・第6戦:レイカーズ 125-85 グリズリーズ

試合のキーポイント

リバウンド勝負とアウトサイドショットの確率

試合結果だけを見ると点差はついているが、互いにアウトサイドショットの確率に苦しんだ。特にグリズリーズの生命線であったデズモンド・ベインのスリーポイント成功率は32.0%と大苦戦。両チームとも長距離からのオフェンスは苦手としているが、レギュラーシーズンよりも試投数は増えている。

その要因としては優秀なディフェンダーがインサイドを死守しているからだろう。今シーズンの最優秀守備選手賞を受賞したジャレン・ジャクソンJr、リーグ屈指のインサイドプレイヤーであるアンソニー・デイビスがいては仕方ない。

そこで勝負の差を分けたのはリバウンド勝負でセカンドチャンスポイントにも差が生まれている。レイカーズのアンソニー・デイビスは13.7の大活躍となったが、グリズリーズはゼイビア・ティルマンがチームトップの8.0。レギュラーシーズンで11.5をマークしたスティーブン・アダムズの不在は大きく響いたように感じられる。

キープレイヤー

アンソニー・デイビス(レイカーズ)

得点は20.8と大爆発はいかなかったが、13.7リバウンド、4.3ブロックとインサイドを掌握。キーポイントとなったインサイド勝負で流れをレイカーズに引き寄せた。

ジャレン・ジャクソンJr(グリズリーズ)

アダムズとブランドン・クラークの不在を補う活躍が期待されたが、インサイド勝負で優位に立てず。得意のスリーポイントも28.0%と苦戦し、得点数も18.0と伸び悩んだ。

アンソニー・デイビスのハイライトプレー
https://youtu.be/hSrqHiLqaHE

プレーオフニュースをみる

2022-23シーズンニュースをみる

関連記事
NBAプレーオフ2023

ヒート対ホークスのプレーイントーナメントをレビュー!リバウンドを制すものはゲームを制す【NBA】

2023年4月12日
ねぎまるのNBAニュース
4月12日にFTXアリーナでプレーイン・トーナメントが行われ、イースタン・カンファレンス8位のアトランタ・ホークスが同7位のマイアミ・ヒー …
NBAプレーオフ2023

【マッチプレビュー】ナゲッツ対サンズのプレーオフセミファイナルを展望|2022-23シーズン【NBA】

2023年5月8日
ねぎまるのNBAニュース
ポストシーズンも1回戦の激闘を経て、各地区のセミファイナルへと突入した。今回は第1シードと第4シードが激突する一戦をマッチプレビューをして …
NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】キャバリアーズ対ニックスのプレーオフ1回戦を振り返り|2022-23シーズン【NBA】

2023年5月5日
ねぎまるのNBAニュース
4月27日、クリーブランドのロケット・モーゲージ・フィールドハウスで行われたイースタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド第5 …