NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】キングス対ウォリアーズのプレーオフ1回戦を振り返り|2022-23シーズン【NBA】

5月1日、サクラメントのゴールデン1センターで行われたウェスタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド第7戦、サクラメント・キングス対ゴールデンステイト・ウォリアーズの一戦は100-120でウォリアーズが勝利し、シリーズ4勝3敗でウォリアーズがセミファイナル進出を決めた。

戦前の予想通りの好カードとなったが、経験の差とスタープレイヤーの火事場力を感じた一戦だった。

キングス対ウォリアーズの試合結果|2022-23シーズン

・第1戦:キングス 126-123 ウォリアーズ
・第2戦:キングス 114-106 ウォリアーズ
・第3戦:ウォリアーズ 114-97 キングス
・第4戦:ウォリアーズ 126-125 ウォリアーズ
・第5戦:キングス 116-123 ウォリアーズ
・第6戦:ウォリアーズ 99-118 キングス
・第7戦:キングス 100-120 ウォリアーズ

試合のキーポイント

スリーポイントの確率

ハイスコアゲームが予想された一戦、やはりスリーポイントの確率が勝敗を分けた。スプラッシュブラザーズを擁するウォリアーズ、今シーズンからスリーポイントアテンプトが増加したキングス。そのプレイスタイルはポストシーズンでも変わることなく、ウォリアーズがプレーオフ参加チームでは1位の41.4本、キングスは3位の39.7本を放っている。

しかし、成功率は絶不調でウォリアーズがプレーオフ参加チーム10位の32.8%、一方のキングスは30.6%の15位だ。両チームの得点差は2.2となっており、スリーポイントの確率が勝敗を左右した。

キープレイヤー

ステフィン・カリー(ウォリアーズ)

レギュラーシーズンだけでなく、プレーオフでも活躍できるのがスタープレイヤーだ。第7戦で50得点を記録したように、大エースとしてセミファイナル進出を牽引。シリーズ平均得点は33.7得点とレギュラーシーズンを上回っており、スリーポイント成功率も37.8%と好調を維持。

ケビン・ハーター(キングス)

アウトサイドショットでオフェンシブレーティング1位を誇るキングスを支えてきた。だが、プレーオフでは得意の長距離砲が不発。レギュラーシーズンで15.2得点、スリーポイント成功率40.2%をマークしたが、プレーオフでは9.1得点、スリーポイント成功率は20.5%だった。チーム全体で不調だったシュート成功率だったが、ハーターが一番顕著に表れている。

圧巻の50得点!ステフィン・カリーのハイライトプレー
https://youtu.be/dbf-xGWJ4wA

プレーオフニュースをみる

2022-23シーズンニュースをみる

関連記事
NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】セルティックス対シクサーズのプレーオフ・セミファイナルを振り返り|2022-23シーズン【NBA】

2023年5月23日
ねぎまるのNBAニュース
5月15日、ボストンのTDガーデンで行われたイースタン・カンファレンス・セミファイナル第7戦、ボストン・セルティックス対フィラデルフィア・ …
NBAプレーオフ2023

ペリカンズ対サンダーのプレーイントーナメントをマッチレビュー!勝負の第4Qに起きた分かれ目とは【NBA】

2023年4月15日
ねぎまるのNBAニュース
4月13日にスムージー・キング・センターでプレーイン・トーナメントが行われ、ウェスタン・カンファレンス10位のオクラホマシティ・サンダーが …
NBAプレーオフ2023

ヒート対ホークスのプレーイントーナメントをレビュー!リバウンドを制すものはゲームを制す【NBA】

2023年4月12日
ねぎまるのNBAニュース
4月12日にFTXアリーナでプレーイン・トーナメントが行われ、イースタン・カンファレンス8位のアトランタ・ホークスが同7位のマイアミ・ヒー …