2022-2023シーズン ニュース

【NBAアウォード】マジックのパオロ・バンケロが最優秀新人賞を受賞|2022-23シーズン【NBA】

NBAは4月26日、オーランド・マジックのパオロ・バンケロが2022-2023シーズンのKia NBAルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞)を受賞したことを発表した。マジックの選手では1993年のシャキール・オニール、2001年のマイク・ミラーに続く3人目となる。

2022年のNBAドラフトで全体1位指名されたバンケロは平均20.0得点、6.9リバウンド、3.7アシストを記録。平均得点は新人トップ、アシストは同3位、スティールは同4位、リバウンドは同5位の数字。
また、40試合で20得点超、6試合で30得点超をマークしており、これらはいずれもマジック新人記録となる。

強靭なフィジカルを武器としたプレースタイルはビッグラインナップを採用するマジックともマッチし、戦術の中心として大車輪の活躍を見せた。周りを活かすプレーメイク能力も備えており、若いマジックの成長は今後も期待が出来そうだ。

最優秀新人賞の結果|2022-23シーズン

1位:パオロ・バンケロ(オーランド・マジック)
2位:ジェイレン・ウィリアムズ(オクラホマシティ・サンダー)
3位:ウォーカー・ケスラー(ユタ・ジャズ)
4位:ベネディクト・マサリン(インディアナ・ペイサーズ)
5位:キーガン・マレー(サクラメント・キングス)

パオロ・バンケロのハイライトプレー
https://youtu.be/llNddT0xI-Y?si=6hYSxa_ZVeLe_MDR

2022-23シーズンニュースをみる

関連記事