NBAプレーオフ2023

レイカーズ対ウルブズのプレーイントーナメントをレビュー!オーバータイムの大接戦【NBA】

4月12日にクリプトドットコム・アリーナでプレーイン・トーナメントが行われ、ウェスタン・カンファレンス7位のロサンゼルス・レイカーズが同8位のミネソタ・ティンバーウルブズと対戦。

オーバータイムにもつれた接戦は108-102でレイカーズが勝利を収め、プレーオフの切符を手に入れた。今回はその熱き一戦を振り返っていく。

試合のキーポイント

ロースコアとターンオーバー

引き締まった展開になりがちなポストシーズンではロースコアの展開になることが多い。しかし、この一戦は好守備ではなく、自らが招くミスから攻撃のチャンスを逃してしまうことが目立った。両チームとも攻め手に欠ける中で試合終盤の重要なタイミングで、より冷静になれたレイカーズに軍配が上がった感じだろうか。

レイカーズにはレブロン・ジェームズやアンソニー・デイビスといった優勝を知るメンバーがいる一方で、ウルブズはアンソニー・エドワーズをはじめ若い選手が多い。そういったクオリティの差が接戦をものにするポイントになったように思う。

カール・アンソニー・タウンズの5ファール

ウルブズにとっての計算外は後半早々にエースであるタウンズのファールが嵩んでしまったことだろう。前半はウルブズペースで進行して11点のリード、後半に攻撃の核を失って以降は攻め手を欠き、一気に逆転を許している。

ルディ・ゴベアの不在はやはりディフェンス面で響き、タウンズのファールを増やした要因となったかもしれない。

キープレイヤー

レブロン・ジェームズ(レイカーズ)

経験というクオリティの差が分けた一戦はやはりキングの孫存在はは大きかった。直近好調のオースティン・リーブスやディアンジェロ・ラッセルが不調だったが、30得点、10リバウンド、6アシスト、フィールドゴール57.1%とチームを牽引した。

マイク・コンリー(ウルブズ)

経験という点ではやはりコンリーの存在は大きかった。要所でスリーポイントを沈め、63.6%のフィールドゴール成功率で23得点を記録。フィールドゴール成功率17.6%と不調だったアンソニー・エドワーズの穴を埋める活躍を見せた。

プレーオフの第8シードに向けて

オフェンスの停滞という点ではエドワーズの不調がやはり目立つ。エドワーズが本調子であれば勝利していた可能性もあるだけに、次戦の活躍に期待したい。ウルブズは第8シードをかけて、ニューオーリンズ・ペリカンズvsオクラホマシティ・サンダーの勝者と対戦する。

試合結果

ロサンゼルス・レイカーズ 108 – 102 ミネソタ・ティンバーウルブズ
LAL|22|27|30|19|10|=108
MIN|28|32|26|12|4|=102

レイカーズvsウルブズのプレーイントーナメントハイライト
https://youtu.be/7U4Jap1sqng

プレーオフニュースをみる

2022-23シーズンニュースをみる

関連記事
NBAプレーオフ2023

【マッチプレビュー】ウォリアーズ対レイカーズのプレーオフセミファイナルを展望|2022-23シーズン【NBA】

2023年5月8日
ねぎまるのNBAニュース
ポストシーズンも1回戦の激闘を経て、各地区のセミファイナルへと突入した。今回は第6シードと第7シードが激突する一戦をマッチプレビューをして …
NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】キャバリアーズ対ニックスのプレーオフ1回戦を振り返り|2022-23シーズン【NBA】

2023年5月5日
ねぎまるのNBAニュース
4月27日、クリーブランドのロケット・モーゲージ・フィールドハウスで行われたイースタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド第5 …
NBAプレーオフ2023

【マッチプレビュー】ニックス対ヒートのプレーオフセミファイナルを展望|2022-23シーズン【NBA】

2023年5月8日
ねぎまるのNBAニュース
ポストシーズンも1回戦の激闘を経て、各地区のセミファイナルへと突入した。今回は第5シードと第8シードが激突する一戦をマッチプレビューをして …