NBAプレーオフ2023

ラプターズ対ブルズのプレーイントーナメントをマッチレビュー!緊迫したゲームでの1得点の重要性【NBA】

4月13日にスコシアバンク・アリーナでプレーイン・トーナメントが行われ、イースタン・カンファレンス10位のシカゴ・ブルズが同9位のトロント・ラプターズと対戦。

前半こそラプターズペースで進行したが、後半はブルズも巻き返した試合展開。接戦にもつれた一戦は105-109でブルズが勝利を収めている。

ブルズはザック・ラビーンがチーム最多39得点、デマー・デローザンが23得点、7リバウンド、ニコラ・ブーチェビッチが14得点13リバウンドの活躍。第8シード獲得に向けて、15日に同7位のマイアミ・ヒートとの一戦に臨む。

一方のラプターズはパスカル・シアカムが32得点、6アシスト、9リバウンド、フレッド・バンブリートが26得点、8アシスト、12リバウンドと奮闘したものの、プレーイン・トーナメント敗退を喫した。

試合のキーポイント

フリースローがもたらす1得点の重要性

終わってみればブルズが勝利したわけだが、全体をみればラプターズ優位の展開だったように思う。ブルズがラビーンとデローザンの個人技で攻めるのに対し、ラプターズは連携したオフェンスを展開。スリーポイント成功数と成功率でもラプターズに軍配が上がっていた。

では、勝敗を分けた決め手は何か。フリースローの成功率だろう。両チームとも18本の成功数だったが、ブルズが22本のアテンプトで81.8%に対し、ラプターズは36本のアテンプトで50.0%の成功に留まってしまった。もし同様の確率で決めていれば10点ほどの差をつけて勝てた試合だっただけに、フリースローの重要性を改めて感じる試合だったと言えるだろう。

キープレイヤー

ザック・ラビーン(ブルズ)

大舞台での活躍が出来ずに評価をあげきれない選手だったが、この試合では見事な活躍を見せている。得意のスリーポイントは30%を切る成功率だったものの、ドライブで効果的にフィニッシュを沈めた。±の評価も11を記録し、コート上での存在感は際立っていた。

しかしまだプレーオフ進出は決めていない。ヒートとの一戦で更なる真価を問われる。

OG・アヌノビー(ラプターズ)

得点やディフェンス、非常にバランス良くチームに貢献できる選手だが、この日はスタッツが伸び悩んだ。フィールドゴール成功率は30.8%、チームでも課題のフリースロー成功率は37.5%に留まる。チームとしてはまだ若いラプターズなだけに来シーズンも期待したい。

試合結果

トロント・ラプターズ 105-109 シカゴ・ブルズ
TOR|28|30|23|24|=105
CHI|23|24|25|37|=109

ザック・ラビーンのハイライトプレー
https://youtu.be/MCpMHtSHmy0

プレーオフニュースをみる

2022-23シーズンニュースをみる

関連記事
NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】セルティックス対ヒートのプレーオフ・カンファレンスファイナル振り返り|2022-23シーズン【NBA】

2023年6月5日
ねぎまるのNBAニュース
5月30日、ボストンのTDガーデンで行われたイースタン・カンファレンス・ファイナル第7戦、マイアミ・ヒート対ボストン・セルティックスの一戦 …
NBAプレーオフ2023

【マッチレビュー】ナゲッツ対レイカーズのプレーオフ・カンファレンスファイナル振り返り|2022-23シーズン【NBA】

2023年6月5日
ねぎまるのNBAニュース
5月23日、ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナでNBAプレーオフ2023ウェスタン・カンファレンス・ファイナル、デンバー・ナゲッツ …
NBAプレーオフ2023

ペリカンズ対サンダーのプレーイントーナメントをマッチレビュー!勝負の第4Qに起きた分かれ目とは【NBA】

2023年4月15日
ねぎまるのNBAニュース
4月13日にスムージー・キング・センターでプレーイン・トーナメントが行われ、ウェスタン・カンファレンス10位のオクラホマシティ・サンダーが …