2022-2023シーズン ニュース

サンズのオーナー問題が終息、住宅ローン会社経営のマット・イシビアが40億ドルでサンズ買収へ【NBA】

NBAのサンズとWNBAのマーキュリーのオーナーであるロバート・サーバーは人種差別的な発言、また従業員への不適切な発言、行為があったとして、リーグから1年間の活動停止処分と1000万ドル(約14億円)の罰金を科された。

この問題を機にサーバーはサンズとマーキュリーを売却することを選択。『ESPN』と『Forbes』は、マット・イシビアが40億ドル(約5200億円)でサンズ買収を決めたと報じている。

直近のNBAチームの買収劇を振り返ると、2017年のロケッツが22億ドル、2019年のネッツが23億5000万ドル、2020年のジャズが17億ドル、2021年のティンバーウルブズが15億ドルで、40億ドルは少々高いかもしれない。サーバーが2004年にサンズを買収した時の価格は4億ドルだった。

それでも、NBAはマイケル・ジョーダンの時代から右肩上がりで成長を続け、その人気は近年のグローバル化によってさらに上がっている。NBAチームのオーナーシップは『チームは30しかないのに買い手はいくらでもいる』という超売り手市場となっている。

サーバーとイシビアが経営権移管で合意しても、他チームのオーナーの承認も必要であり、売却が完了する正式な時期はまだ明らかになっていない。チームがバスケに集中するためにも、スムーズなオーナー交代が望まれる。

フェニックス・サンズのハイライトプレー
https://youtu.be/qDMr_dnpqCU

2022-23シーズンニュースをみる

関連記事
2022-2023シーズン ニュース

サージ・イバカがバックスと双方合意でトレード先を模索すると報道…新天地は定まるか?【NBA】

2023年1月25日
ねぎまるのNBAニュース
1月21日、ミルウォーキー・バックスとサージ・イバカは双方合意のうえ、トレードで新たなホームを探すことに合意したと『The Athleti …