2022-2023シーズン ニュース

キープレイヤーはザイオンか?残り約10試合の熾烈なプレーオフ争いを制すのは|2022-23シーズン【NBA】

白熱の2022-23シーズンのNBAも残すはあと10試合ほどとなった。今シーズンはチーム力が拮抗しているのか、上位チームでも予断を許さない状況だ。今回はどのチームがプレーオフに進出するのかを予想していく。
※勝ち点は3月15日終了時点

イースタン・カンファレンス

プレーオフ当確

・ミルウォーキー・バックス
・ボストン・セルティックス
・フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
・クリーブランド・キャバリアーズ

イーストの方は順位にやや開きがあるが、この4チームはプレーオフ当確だろう。セルティックスは直近失速気味だが、今までの貯金からも一気に崩れることは考えにくい。

上位3チームはやや納得いく戦いぶりだったが、キャバリアーズが割って入るのは個人的にサプライズだった。ドノバン・ミッチェルの加入はケミストリーを不安視していたが、今やフランチャイズを代表する選手の一人となっている。

※バックスはプレーオフ進出が確定

プレーオフ濃厚

・ニューヨーク・ニックス
・ブルックリン・ネッツ

ニューヨークの2チームがプレーオフ濃厚だ。残りの試合数を考えても、ここまでの6チームがプレーオフストレートインしそう。2チームともに序盤は不安を感じる出来だったが、シーズンが進むにつれて、チーム力を磨いて来たように思う。

ネッツは主力の放出でプレーイントーナメントへと転落する可能性もあるかもしれないが、下のチームもここ最近は勝率5割と勝てておらず、このまま進むのではないかと予想。

プレーイントーナメント

・マイアミ・ヒート
・アトランタ・ホークス
・トロント・ラプターズ
・ワシントン・ウィザーズ
・シカゴ・ブルズ
・インディアナ・ペイサーズ

この6チームによるプレーイントーナメント争いが熾烈で、残り数試合の楽しみと言える。ヒートが頭一つ抜けており、プレーイントーナメント圏内は死守できるだろうが、少しの取りこぼしでシード権を下げる可能性がある。

トレード期間でロスターを底上げしたホークスとブルズには大注目だ。ホークスにフィットするサディック・ベイを迎え入れ、ブルズはパトリック・ベバリーという経験とメンタルをもたらした。終盤戦でこそチームの進化を問いたいところだ。

そして、タイリース・ハリバートンの活躍で序盤は良かったペイサーズが再び輝きを取り戻せるかを見てみたい。

イースタン・カンファレンス 最終結果予想

プレーオフストレートイン

・ミルウォーキー・バックス
・ボストン・セルティックス
・フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
・クリーブランド・キャバリアーズ
・ニューヨーク・ニックス
・ブルックリン・ネッツ

プレーイントーナメント

・マイアミ・ヒート
・アトランタ・ホークス
・トロント・ラプターズ
・シカゴ・ブルズ

プレーイントーナメントの切符を掴むのはこの4チームと予想。ヒートとホークスは実現確度が高そうだが、ラプターズはニック・ナースの手腕を信じての選出。ブルズはロスターの質とベバリーがもたらすチームへの影響を信じてみたい。

ウェスタン・カンファレンス

プレーオフ当確

・デンバー・ナゲッツ
・メンフィス・グリズリーズ
・サクラメント・キングス

ポストシーズン争いが熾烈なウエストでもこの3チームは安泰だろう。グリズリーズはジャ・モラント不在の影響が響くかもしれないが、チームの総合力でいつも切り抜けている。何よりキングスがこの位置にいるのはオールドファンからしてみれば嬉しいだろう。

プレーオフ濃厚

・フェニックス・サンズ
・ゴールデンステイト・ウォリアーズ

4位から12位まで4ゲーム差のため、4位のサンズも油断はできないが、安定感を誇るこの2チームは勝ち上がるだろう。直近は勝率5割のサンズだが、終盤にはケビン・デュラントが復帰見込みでラストスパートが期待できる。

ウォリアーズは後半戦に勢いを増しており、サンズを追い越す可能性も十分にある。昨年の王者がここに来て実力を発揮したようだ。

プレーイントーナメント上位

・ロサンゼルス・クリッパーズ
・ミネソタ・ティンバーウルブズ
・オクラホマシティ・サンダー
・ロサンゼルス・レイカーズ

プレーオフストレートイン最後の一枠とプレーオフストレートインの上位シードはこの4チームと予想する。これより先は13位のポートランド・トレイルブレイザーズまで可能性があり、一戦一戦が見逃せない。上位シードにこの4チームを選んだ理由は直近の勢いにある。

クリッパーズは直近というよりもロスターの完成度からチョイス。本来はここに留まるチームではないはずだろう。ウルブズはマイク・コンリーを加えてから安定感を増しており、レイカーズはトレード後に息を吹き返した。サンダーの躍進はサプライズだが、若いチームは勢いが付くと止められないもので、シーズン終了まで持続すると期待している。

プレーイントーナメント下位

・ダラス・マーベリックス
・ユタ・ジャズ
・ニューオーリンズ・ペリカンズ
・ポートランド・トレイルブレイザーズ

カイリー・アービングを加えたマブスはまさかの失速で、勝率はトレード前の方が良いという結果に苦しんでいる。連携面はしばらく苦戦しそうで今シーズンはこのまま失速してしまうかもしれない。

ジャズは踏みとどまっているが、再建ゆえにプレーイントーナメント圏内への巻き返しは厳しいだろう。ペリカンズはザイオンの復帰次第で、ブレイザーズは他チームの結果次第という状況だ。

ウェスタン・カンファレンス 最終結果予想

プレーオフストレートイン

・デンバー・ナゲッツ
・メンフィス・グリズリーズ
・サクラメント・キングス
・フェニックス・サンズ
・ゴールデンステイト・ウォリアーズ
・ロサンゼルス・クリッパーズ

プレーイントーナメント

・ミネソタ・ティンバーウルブズ
・オクラホマシティ・サンダー
・ロサンゼルス・レイカーズ
・ダラス・マーベリックス

混戦のウエストだが、ダラス・マーベリックスの一枠をジャズ、ペリカンズ、ブレイザーズが争う形になると予想。勝ち点差は拮抗しているが、実はイーストよりも構図はシンプルかもしれない。

勝ち点差的にブレイザーズは厳しそうで、マーベリックスとペリカンズの一騎打ちになるのではないだろうか。ポストシーズン争いの行方はザイオンの復帰に全てがかかっていそうだ。

ザイオン・ウィリアムズのハイライトプレー
https://youtu.be/KwSEr0jFC-I

2022-23シーズンニュースをみる

関連記事
2022-2023シーズン ニュース

NBA新チーム参入の噂。今度はメキシコシティがフランチャイズの候補として評価を上げる【NBA】

2022年11月17日
ねぎまるのNBAニュース
NBAは現在の30からチーム数を増やすエクスパンション案が検討されている。その候補にはスーパーソニックスが移転した2008年以降はNBAチ …
2022-2023シーズン ニュース

米識者が絶好調のジャ・モラントにプレースタイル変更を推奨。身体能力に頼るプレーへ警笛【NBA】

2022年11月20日
ねぎまるのNBAニュース
メンフィス・グリズリーズのジャ・モラントは現代NBAで最もエキサイティングな選手の1人と言える。圧倒的なスピードとジャンプ力を生かした豪快 …
2022-2023シーズン ニュース

ウォリアーズのジェームズ・ワイズマンがGリーグへ...直近はプレータイムが伸びず【NBA】

2022年11月17日
ねぎまるのNBAニュース
ゴールデンステイト・ウォリアーズの指揮官スティーブ・カーはジェームズ・ワイズマンをチーム傘下のGリーグ、サンタクルーズに派遣することを明ら …